女子アナの事しか知らないブログです

塩地美澄アナウンサーの出身高校・大学はどこ?経歴や前職は?

2020/06/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

塩地美澄アナウンサー。

 

フリーアナウンサーですが、非常に綺麗でお美しい女子アナさん。

 

グラビアアイドルとしてもご活躍されている人気急上昇の女子アナさんです。

 

その、塩地アナですが、出身高校・大学はどこなんでしょうか?

 

また、前職や経歴は?

 

塩地アナの「有吉反省会」での注目発言とは?

 

それらの事について書いてみます。

 

スポンサーリンク

塩地美澄アナウンサーの出身高校・大学はどこ?

高校

 

塩地美澄アナウンサーの出身高校は北海道の札幌北高校です。

 

札幌北高校は北海道札幌市にある公立の学校。

 

塩地アナは北海道の札幌市出身ですから、地元の公立高校に通ってられました。

 

 

 

また、札幌北高校の2020年の偏差値は「71」。

 

北海道473件中1位。

 

非常に成績優秀な高校です。

 

そんな、成績優秀な学校を塩地アナは卒業されました。

 

やはり、女子アナになる方は、高校も成績優秀な学校なんですね。

 

 

 

また、塩地美澄アナウンサーは高校時代に「ミス北高」に選ばれています。

 

塩地アナは、高校時代から既にお綺麗だったという事が分かります。

 

大学

 

塩地美澄アナウンサーの出身大学は小樽商科大学です。

 

小樽商科大学は北海道の小樽市にある国立大学。

 

小樽商科大学は国立の大学で、非常に優秀な大学です。

 

塩地アナは大学も地元の大学を卒業されました。

 

スポンサーリンク

塩地美澄アナウンサーの経歴や前職は?


塩地美澄アナウンサーは、現在はフリーアナウンサーですが、グラビアのお仕事もしています。

 

過去の経歴は次のようになっています。

 

経歴・前職

 

札幌北高校卒業→小樽商科大学卒業→秋田朝日放送入社(2006年4月~2014年3月)→スペースクラフト所属(2014年8月~2020年3月)→アーティストハウス・ピラミッド所属(2020年4月~)

 

 

塩地アナは大学を卒業後、秋田朝日放送に入社しました。

 

8年間、秋田朝日放送でお仕事をされてから、その後はフリーのアナウンサーとしてスペースクラフトに所属します。

 

そして、今年、2020年の4月からアーティストハウス・ピラミッドに移籍しました。

 

アーティストハウス・ピラミッドはグラビアアイドルの方が多いので、今後はグラビアの仕事が多くなるかも知れません。

 

スポンサーリンク

塩地美澄アナウンサーの有吉反省会での注目発言とは?

 

塩地美澄アナウンサーは、2019年7月に出演したテレビ番組「有吉反省会」での発言が話題となりました。

 

その発言とは「SNSでの発言がウソばかり」ということなんです。

 

塩地アナが告白したウソは次のようになっています。

 

 

○電車代がもったいないので30分歩いて現場入りです

○節約のため今日はバターサンド一食のみ

○久しぶりの3連休!友達と旅行に行きました

 

 

これらは全部ウソばかりで、塩地アナは曰く「苦労していることをアピールし、仕事をもらうため」と告白しました。

 

本当は港区に住んでおり、不自由のない生活をしているようです。

 

「久しぶりの3連休」というのもウソで、本当は30連休だったとも・・・。

 

「本当は30連休」というのもウソなの?って思ったりしてしまいますし。

 

これだけウソをついていたら、何が本当の話か?分からなくなりますよね(笑)。

 

そういうキャラが人気なのかも知れませんが、塩地アナに対するイメージが変わった方もいるんではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

塩地美澄アナウンサーのプロフィール

 

 

生年月日 1982年6月26日

年齢 37歳(2020年5月現在)

出身地 北海道札幌市

血液型 O型

愛称 塩っち

身長 165cm

スリーサイズ B89 W63 H88

趣味 ワイン、ゲーム、スポーツ観戦(野球・バスケット)、一輪車、ピアノ

スポンサーリンク

まとめ

 

 

フリーアナウンサーの塩地美澄さんについて書きました。

 

出身高校は北海道の札幌北高校。

 

出身大学は小樽商科大学。

 

「有吉反省会」に出演された時、SNSでの発言がウソであることを告白しました。

 

また、塩地アナについては、

 

塩地美澄アナウンサーは結婚してる?身長・体重等プロフィールも

 

にも書いていますので、良かったら見て下さい。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 太郎の女子アナ日記 , 2020 All Rights Reserved.