女子アナの事しか知らないブログです

MBS藤林温子アナは離婚をして休職しているが退職するのか?

2022/08/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Twitterより引用

 

2022年6月。

 

MBS毎日放送の藤林温子アナウンサーは休職をしています。

 

テレビ、ラジオに出なくなり、もう、数か月が経ちます。

 

藤林アナはこのままMBSを退職してしまうのでしょうか?

 

今回は藤林温子アナウンサーが今後、MBSを退職してしまうのか?を考えてみます。

 

スポンサーリンク

MBS藤林温子アナウンサーが離婚が明らかになった日にち

 

藤林温子アナウンサーの離婚が明らかになったのは2022年の5月11日です。

 

その時は、もう、藤林アナは休職中。

 

本人の口からではなく、メディアで報じられるという形でした。

 

離婚した日にちは2022年5月1日。

 

発表の10日前に離婚していた事になります。

 

スポンサーリンク

MBS藤林温子アナウンサーが休職を始めた時期

 

藤林温子アナウンサーは2022年3月いっぱいで休職しています。

 

本日は6月29日ですから、もう、3ヵ月が経過。

 

今は、福井県の実家で静養されているそうです。

 

 

 

また、休職の理由なのですが、やはり、離婚が大きな要因ではないかと思われます。

 

タイミングとして、合ってしまいますから。

 

藤林アナは2022年に入ったくらいから、ラジオで「夫婦仲が上手くいっていない」というような事は言っていました。

 

また、パートナーのメッセンジャーあいはらさんに、夫婦仲が上手く行ってないのを軽くいじられたりもしていました。

 

普段はかなり酷いいじりをするあいはらさんが、「軽いいじり」だったのは、触れてはいけない程、藤林アナが悩んでられたのではないかと推測されます。

 

スポンサーリンク

MBS藤林温子アナウンサーはこのまま退職してしまうのか?

 

また、藤林温子アナウンサーがこのまま、退職してしまうのでは?と心配になっているファンの方もいます。

 

確かに、普通に考えて長期間も会社を休んでしまうと、会社には行きづらくなりますからね。

 

まして、女子アナさんはメディアへの露出があり、普通の仕事をされている方より、もっともっと、復帰がしにくいのではないかと思います。

 

そう考えると、このまま、退社という事もあり得るのではないでしょうか。

 

ただ、藤林アナは非常に人気のある女子アナさんなので、地元である福井県でフリーアナウンサーになるという事も考えられます。

 

一番良いのはMBS毎日放送に復帰なのですが、もし、それが叶わなければ、他局でも構わないので復帰して欲しいですね。

 

このまま、女子アナさんを辞めてしまうのだけは無しにしてほしいと思います。

 

スポンサーリンク

MBS藤林温子アナウンサーのプロフィール

本名 藤林温子(結婚をしていましたが、旦那さんが養子に入ったため苗字は変わっていません)

生年月日 1992年10月16日(藤林アナ本人は誕生日が10月16日なので「トトロの日」と覚えて下さいと言っています)

年齢 28歳(追記:2022年6月現在、29歳)

出身地 福井県あわら市

出身大学 法政大学理工学部

MBS入社年 2015年(同期入社のMBSアナウンサーは玉巻映美アナウンサー、森本尚太アナウンサー)

特技 足で座布団を回すこと(密かに畳を回す練習をしている)

休みの過ごし方 朝からお酒を飲みながら家で映画鑑賞

好きな色 水色、紺

スポンサーリンク

まとめ

 

MBS毎日放送の藤林温子アナウンサーが退社するのか?について考えた記事を書きました。

 

メッセンジャーあいはらさんや、元MBSアナウンサーの子守康範さんは、藤林温子アナウンサーの近況について詳しく話そうとしません。

 

おそらく、デリケートな話ですので、知ってはいるものの話す事を控えているのでしょう。

 

先述しましたが、早く藤林アナには復帰をして頂けたらと思います。

 

 

ー追記ー

2022年7月、藤林温子アナウンサーが3か月ぶりにMBS毎日放送にアナウンサーとして復帰しました。

 

 

また、藤林温子アナウンサーについては、

 

MBS藤林温子アナウンサーは妊娠中?旦那さんは誰でどんな人物?

藤林温子アナが割り箸を口で割った画像と座布団回しの動画が衝撃!

MBS藤林温子アナウンサーの驚きの年収は?出身高校・大学等

MBS藤林温子アナは結婚してる?身長・体重等プロフィールも

 

にも書いていますので、良かったら見てください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 太郎の女子アナ日記 , 2022 All Rights Reserved.